ˡΧ̳
投稿者 : admin 投稿日時: 2015-07-31 (703 ヒット)
 夏真っ盛りの日本列島では、庭を少し放置すると草が伸び放題になるのはよく見る当たり前の光景ことですが、これが世界的には当たり前ではない。
東南アジア、東アジアにかけては、夏と言えば、湿度が高く、じめじめしているのが当たり前。時折夕立も降るのが、夏の風物詩ですが、これも、世界的には当たり前ではなく、低緯度の地域でも、極度に乾燥している地域は多い。

さて、世界地理を学ぶ際、砂漠性気候、熱帯性気候、温帯性気候と、今ある気象条件を特徴づけて学ぶが、これは、砂漠になっているところの気候、熱帯雨林が残っているところの気候、森林地帯の気候等、当該地域に存在する地理条件と気候を関連付けて、特徴づけているに過ぎません。
海洋、河川等同じ地理的条件を備えた地域でも、なぜ一方で砂漠となり、一方は熱帯雨林が「残っているのか」、あるいは緑豊かな平野となっているのかと考えると、過去に、あるいは遠い過去に熱帯雨林を人類が開発したことはなかったか、農耕の行き過ぎがなかったか、そこの地層に岩塩がなかったかということがポイントになるのかも知れません。

今年はイスラム国がらみで、テレビに映る、周囲に草木が全く見当たらない湖の映像をみて、日本の風景とはあまりに異なり、違和感を持ちました。
 日本の感覚で普通に考えれば、水があれば草木が生え、砂漠の中のオアシスには草木が生えるのは当たり前だと思っていましたが、西アジアではそれが違う。
 
 更に、最近、子どもの送り迎えにからみ、まとまった空き時間があったため、旧約聖書を半分読破したのですが、2000年も前の記事とはルブアルハリ砂漠のくだり以外は今とはまるで違う光景が描かれていることにも、とても驚きました。
緑豊かな肥沃な大地と川が、農耕が開始され約1万年という時をかけ、森林はなくなり大地は塩化により草木も生えない大地となり、そこの土地は荒野若しくは砂漠となり、気候は砂漠性気候と言われ、夏では50℃を超える毎日となったとすれば、荒野(農耕し尽くした大地)に放り出されるくらいならば、ヘビ(メソポタミアではDragonが信仰されていたようですが、古代中国やアジアではヘビも水神につながるものとされていました。)の甘言に惑わされず、リンゴ(知恵・ヘビつながりで考えれば生活を豊かにさせた治水事業、衣類に象徴される文化の存在)の実は、食べない方がよかったのではという、文明の全否定のような流れから始まる旧約聖書の冒頭部分は、前文明からの遺恨と考えれば、なかなか重みのある内容ともいえます。

*20151209補足
 世界には様々な神話までさかのぼる歴史書、国作りの物語がありますが、歴史書の箔をつけるための手法として、似たような話を繰り返すという手法があるそうです。例えば、古事記の場合には天照大御神のくだりは、神功皇后に被るものがあり、歴史的な信憑性があるのは神功皇后の時代からではないかと言われたりします。
 同じように考えれば(というか、当時の寿命がよくわからないので、世代交代の示す時間が実感できないのですが)、旧約聖書の場合も、別の文献等でも確認できる、実在人物の逸話と重複する部分は、だいだいその時期から時を経ずにその逸話が取り入れられ執筆されたと推定できます。逆に言えば、その前の部分を歴史の箔付け部分だとすれば、該当の記載部分以前の記述については、記述部分の時間経過はさほど気にすべきものではないということになります。


 メソポタミアでの、当時の世界で突出した文明の隆盛、農地の塩化と農耕衰退、それに伴う国力の低下、文明そのものの消滅(正確に言えば、人の流出と先進文明・先進文化の拡散)の一連の流れは、6000年から8000年(いわゆるメソポタミア文明といわれる時期以前の農耕文化の時期を含む)という長い時間をかけてのことですが、後発の、インダス文明では農耕文化の始まりから大地の塩化による文明の消滅までだいたい2000年程度(インダス文明以前の前文化時代を含む)、エジプト文明でもせいぜい2000年程度と言われます。

* 30年くらい前には、インダス文明の消滅はアーリア人の移動によると言われていましたが、抗争があった形跡が見られないことから土壌の塩化が原因と今では言われています。
メソポタミア文明の消滅は、強国の侵略が決定打となったわけですが、侵略を許すほどになった、農業生産力の低下による相対的な国力の低下と、歳入に対する交易比率の上昇による富の質的変換を無視することはできません。

*20150923補足
 ある意味、それが経済の面白さなのかも知れませんが、流通経済の基本は農業生産物の流通にありますが、どの時代どの地域でも、その時代時代にみられる工業品やサービスは基本的には付加価値性により農業生産物を上回る価値が付き、農耕等のいわゆる第一次産業に従事せずとも十分な食料が手に入れられます。
 文明は付加価値性のあるものにより花開き特徴づけられるわけですが、その礎となる農業生産力が低下すれば、歳入低下だけでなく、付加価値に対する対価となる食料供給量の減少により生ずる物価上昇により、結果、従前の経済が立ちいかなくなることになります。
 したがって、どの時代、地域でも食料の値段は比較的低価格(誰でも手に入る価格という意味)で安定するのが基本で、食料は普段目立つものではありませんが、経済サイクルの根幹を支えるもの故、その生産性の低下、特に地域全体での生産性の低下は無視することはできないということでしょうか。

 文明の勃興から衰退まで、時代が下ると短くなるサイクルは、今の、世界中に爆発的に広がった均一化された文明を支える農業生産が、いつまで維持できるのかということを真面目に考えなければいけない時代が、現実化するのもそう遠くないのではと思います。
 メソポタミア、エジプト、インダス文明はすべて麦を主食とし、塩化は麦の栽培の場面で多く起こることと思われがちですが、そうではありません。
稲の栽培で、砂漠化が始まっているのが、現代のタイ東北部です。もともと熱帯雨林が茂っていたところを伐採して田にしたはいいが、土地が塩を多く含み、結果、塩化して土地が荒廃し砂漠化し広がりつつあるのが現状のようです。

 なお、南米大陸には、世界の主要穀物であるトウモロコシとジャガイモの品種改良と栽培化を実現したインカ帝国がありましたが(世界の大陸で、南米だけは、大きな砂漠がないことはある意味、象徴的です)、アマゾン川流域は、高低差がさほどないので、熱帯雨林の伐採、土地の乾燥化、降雨量の激減が始まると、河川の枯渇、砂漠化が始まるのは時間の問題であると言われれば、インダス川流域、中東を見れば、その通りとしか言いようがありません。

* インダス川、チグリス・ユーフラテス川にも、今はありませんが古代の涸川床は確認されており、遠い過去にはそれぞれ大きな支流がありました。

 では、過去の歴史を鑑み、文明衰退をもたらす、塩化・乾燥による土地の荒廃はどのようにすれば避けられるのか。
 中国文明の強国秦を支えた森林豊かな肥沃な大地と詠われた黄土高原が、今や乾燥著しい大地となり、砂漠化が言われ久しくなりますが、現在緑化運動が進められているようです。イラクでも、ここ30年緑化運動を推進してきたようです。
 草木の保水力を利用して、緑を取り戻す運動は各地で地道に続けられています。

 示唆的な出来事としては、最近、中国で、どこかの都市を大々的な都市計画により水の都にすべく、土地を造成して湖沼を設けようと、掘削して水を引いたら水が溜まらず砂漠が出現したとの記事がありましたが、逆に考えれば、この土地は、それまで砂漠化していなかったわけですから、砂漠であっても、年月をかけた地層の堆積があれば、砂漠はなくなるということになります。
 塩化を解消する策として、客土がありますが、その下に塩化した土地があれば、毛細管現象によりいずれは塩分が表土に上がってくるわけで、抜本的な改善策ではありません。今後の研究が期待されるところでしょうか。土壌の塩化解消に比べると、土壌塩化拡大阻止の対策は、取り組みやすいのではないかと思います。
20151227補足
 図書館で読める歴史書(結構いろいろあります)によれば、メソポタミアの人々は、紅海側の湿地帯の灌漑による耕地拡大、小麦栽培から塩害に強い大麦栽培への切り替え、塩が溜まりにくい傾斜地を耕地とするなど、取り得る手段は取っていたようです。
20160417補足
 乾燥した大地に定着する草は地中深くまで根を張り、水分を吸収できるものか、極度に乾燥に耐える種類かが考えられますが、保水力向上を考えるならば、前者が望ましいわけです。ずいぶん前になりますが、黄土高原の緑化を扱ったNHKのドキュメンタリー番組がありましたが、草による緑化を政府主導ではなく草の根で実現できるところが、中国の底力だと信じたいところです。

 問題が大きすぎて、うまくまとめられていないのですが、戦争はない方がいいに決まっているし、戦争に行かない方がいいに決まっていますが、その結果を導くために、どう行動すればいいのかをきちんと国民にわかるように説明するのが、安保法制の議論ではないかと思います。

 ただし、文明の衰退は、戦争をすること、戦争が起きることに原因があるというより、農耕による土地の荒廃、塩化、植生の著しい変動による気候の変化の方が影響が大きかったというのが、歴史的な結論のようです。
 現在のところ沿岸部に砂漠がない東南アジアで砂漠化が起きていることは、差し迫った問題ではないにせよ、稲作をする日本であっても決して他人事ではない問題ではないかと考え、いろいろ書いてみました。

20160410補足
 東南アジアの砂漠化は、日本にたどり着く前のモンスーンの中継地点に、いわばその湿気を、乾いたスポンジのように吸収する乾燥地帯が発生することになるわけで、毎年の風物詩である台風の発生にも影響する可能性があります。
 すなわち、今でこそ、東南アジアに砂漠地帯がなく、それゆえ、台風が発生するとそのまま海上を北上して行き日本列島に到達しますが、その西側の陸地に乾燥地帯が広がり、いわば乾燥したスポンジ状態になってそちらに湿気が吸収されれば、果たして、今のような気象条件が維持されるのか不明で、砂漠化の規模によっては、台風そのものが発生しなくなる可能性もあると思われます。現在でも同様の緯度にあっても、台風が発生する地域は限られており、ハリケーンはアメリカ、台風はアジアに見られますが、他の地域ではありません。また、アメリカ大陸は、最近竜巻は頻繁に起こるようですし、アマゾンの熱帯雨林の消失と砂漠化進行により、どこまで、この気象環境が続くかは不明です。
 台風発生のメカニズムは、海洋条件が大きく影響するのは事実でしょうが、中東、ヨーロッパの例を考えれば、周囲の陸地の地理的要因も大きく影響するのだと思います。
 今すぐどうことしなければならない問題ではありませんが、遠い過去にこれを放置したことによりおそらく気候が変化した地域があるわけですから、これも地道に考えなければならない国際問題なのだと思います。

20160529補足
 世界4大文明と言われるうち、ギリシャ文明だけは立地条件として背後に耕地を持たないため、交易都市というのが正しく、すなわち、エジプトと小アジア及びメソポタミアの海上交易を中継することで、栄えた文化・文明などだと思います(その文献もエジプト由来が多いですし)。
 2000年前のころの、仏教、ユダヤ教、キリスト教の発生、中国の百家争鳴、儒教等は、世界史年表を見ると地域が離れているため、なぜこの時期に集中しているのか疑問でしたが、この時期にメソポタミア、インダスの耕地の消失による文明の消失、流出と他の地域への伝播があったとすれば、整合性が取れ、納得行きます。 

 

投稿者 : admin 投稿日時: 2015-02-13 (788 ヒット)
 起訴前の刑事事件への弁護士の関与は、すべて伝聞証拠(人から見聞きした証拠)と、見せられたと聞かされる物的証拠の概要から推測できることを、独自に事前分析し、必要があれば、それの弾劾証拠が何か、補強証拠は何かを探ることにあります。また、一方で、不利な証拠の証拠評価も、事前に検討する必要があるので、何事にも分析は欠かせません。
 
 事実に争いがない場合、動機や計画性等は求刑に大きく影響するため、犯行の計画性があるかどうかは意外に重要です。
 これを、本日殺人で起訴された現職警察官の殺人事件を題材に考えたいと思います。(なお、これは、東京からの、新聞記事のみに頼った、ただの推理です。報道内容が正しくなければ同じ結論にはなりません。悪しからず)
 巷では、韓国のナッツリターンの実刑判決が話題になっていますが、弁護士的には、量刑バランスが悪く、あれはないです。司法は政治に影響されてはいけません。

大阪で大阪府警の現職巡査長が殺人で起訴されました。
・そこで判明した事項
遺体は、コートを着ていた。風呂場の水の中にあった。微量の水が肺に入っているが、致死性のものでなく直接の原因はベルトによる絞殺による窒息死。
・現職警察官の供述 
警察と妻に自らの不貞を話すと言われカッとなってやった。証拠隠滅中顔を見たくなくて風呂場の風呂桶に顔から突っ込んだ

・現職警察官の当日の行動 
1 早朝マスクとフードをかぶり、完全に顔を画しマンションに入り、1時間ほど滞在。帰りは非常階段から別の服装で出る。
2 その足で、警察署道場に行き剣道の練習を普段通りした後に、道場のごみ場に凶器のベルトを捨てる。
3 約1時間の間に、携帯を電子レンジで溶かした(つまり肝心なものが解けたということです)、部屋に置いていた自分の衣類を回収する
4 証拠隠滅中顔を見たくなくて風呂場の風呂桶に顔から突っ込んだ。

 1は防犯カメラを意識した対応でしょう。これで、侵入と逃走に使った衣類を秘密裏に捨てる前に、犯罪が発覚しなければ、犯行はごまかせたかもしれません。
 2は要するに、アリバイづくりですかね。時間の経過があればある程度の誤差はごまかせますので、立派なアリバイになります。
 3などは、なるほどな とは思います。チップが電磁波で一気に駄目になるので履歴消滅の方法としては最適かもしれません。電話会社の通話履歴と通話相手(自分)のスマートフォンを差し押さえられることを考慮しなければ。
 4は、明らかに計画だなと思うのは私だけでしょうか。この人が東日本大震災の災害派遣されていなければ、何ということはありませんが、そこで得た知識を持ってすれば、これは、思いつきではないし、思いつきで済ませてはいけないことです。明白な証拠隠滅の意図をもってやったと、言いたいところですね。
 上記事実からすれば、これは用意周到な計画的犯行となります。
 
 個人的には、プロだからこそ、考え付いた手口であり、また、だからこそ、警察官であれば一番使ってはならない手口だと思います。
 
 被害者の方が朝出勤する時間帯にわざわざ押し掛けて殺害した身勝手さ、それをプロならではの手口で証拠隠滅を図ったその行動を、大阪府警は、決して身内に甘くならず、きちんと糾弾する必要があります。
 
 別れ話で文句の一つ二つを言うのは当然のことで、それをプロの手をもって計画的殺害をするというのは、警察官のモラルを問う以前に、人としてどうかと思いますし、被害女性が、慣れない大阪に覚悟をもって一人で就職して地域に溶け込む努力をし、人間関係を形成してきたことを全く気付くこうともしなかったことに、思い上がりを感じます(そうでなければ、通勤前の出かける寸前の被害女性を絞殺するとは考えられない)。
 おそらく不貞が暴露される以上に、過去の災害支援での出向こそが、この方の自慢であり、その間に自分がやってきたことを暴露されたくなかったという面からの計画的犯行のような気がします。

 この警察官の大きな誤算は、殺害後わずか数時間で遺体が発見されたことなのでしょう。
 災害派遣で得た知識を悪用する警察官が出るくらいなら、以後の警察の人事査定で、具体的な実績を伴わない、災害派遣の事実だけを理由にする人事評価は考えるべきです。

 この事件の教訓は、田舎を離れ、都会で一人暮らしをしている人は、身近にいろいろなことを相談する親しい相談相手を作り、また、決して孤立しないようにするということでしょうか。この方の事件が早期に発見解決されたのは、正にそういう事情があったからと思われます。
 周囲にきちんとした人間関係をきちんと構築し、その中で生きていくことも必要です。

 故郷を離れてまで大阪で就職して生きていこうとした被害女性の覚悟とがんばりに敬意を表し、心よりご冥福をお祈りします。

投稿者 : admin 投稿日時: 2015-01-25 (653 ヒット)
 年末は久しぶりにほぼ一日中料理三昧で、サツマイモをこしたり、練ったりと日頃できない料理作りをしました。ごまめはうまくいったのですが、うっかりレシピ通りに作った黒豆が、早い段階で入れた塩により甘さが十分に出せず、ちょっと失敗してしまいました。

 さて、冒頭の「RPG」は、SEKAI NO OWARIの曲名です。子どもが聞きたがり、何回か一緒に聞かされたことがある程度だったのですが(曲名にもバンド名にも抵抗感があったため)、大みそかの紅白のDragon nightは、大変象徴的でした。いろいろ考えさせられました。

 世界平和は、RPG(ロールプレイングゲーム)の中にしか存在しないのか。

 対立する者同士の融和が、限りない夢物語に近いとの現実を理解しているからこそ、逆にあこがれるのか。
 この歌のように、互いに自らのイデオロギー(いわば正義)を否定し合う者同士が、一度でもいいから争いを止め、戦闘を止め、「友達のように」おしゃべりをし、「友達のように」一緒に歌を歌えれば、何か変わるのでしょうか。
 
 イスラム国(ISIL)の殺害予告により、中東の紛争が遠く離れた日本においても現実になってきました。
 ここ数日、いろいろな報道が出て、イスラム国の記事が充実し、情報が豊富に出回ることになり、ようやくどういう組織なのか、大まかなところは理解できるようになりました。
 注目すべき点は以下の点でしょうか。
1 イラクフセイン政権バース党のメンバーがいる。一定の統治組織があり、一部では既存政権より評判がいい。地域住民に一定数受け入れられている。
 その意味で、単なる戦闘員ではないブレインが存在する。イラク戦争は、その侵攻理由だった大量破壊兵器の保有は、事実ではなかったのですから、旧政権側にとっては正に濡れ衣により政権を追われ、その後の政治参加が閉ざされているのであれば、生き残った者が、被害者意識をもってもおかしくはないというわけでしょうか。
2 前政権の残党という形で、政権とは比べものにならない戦闘スキルを持ったメンバーがいる。
 空爆でおそらく主要拠点の空爆をしているにもかかわらず、組織として壊滅していない、一定の地域支配を継続している
3 独自のイデオロギー(イスラム教の主流ではないため信仰という言い方は使わないこととします。)を持っている
 
 個人的には、「ジハード」と言われても、『女たちのジハード』という小説の題名を連想するとか、イラン・イラク戦争での政変直後でがたがただったはずのイラン兵の底抜けの精神的強さくらいしか頭に浮かびません。
 イラクと言えば、イラン・イラク戦から始まり、クウェート侵攻、シーア派への大弾圧等、内外に対して武力行使によりその名を有名にした国でもありますから、その延長線上でイスラム国が存在するのでしょう。また、イラク戦争は、内部抗争の結果ではなく、(実は大量破壊兵器はなかったという意味で)謂われなき外国部隊の侵攻により政権を追われた彼らが、彼ら独自のネットワークで外国人部隊を呼び込んでも再度の政治的行動を起こしても、おかしなことではありません。

 はっきりしていることは、数か月の激しい空爆でも崩壊しない結果からすれば、いくら諸外国が否定しても(長期にわたる空爆などできないのですから)、イスラム国は、確かにそこに根付いており、当事者はともかく、諸外国が口出しできない状態として確立している事実を無視することも現実的ではないと思われます。
 アフガニスタン、パキスタンのタリバン、エジプトのムスリム同胞団、タイのタクシン派(前首相派ですか)も然りですが、いわゆる貧困層を支持母体とし、それゆえ、支持人口比は高いが、政治的経済的な基盤が弱い組織は、どこにでも一定数存在し、支持母体がなくなることはまずないので、存続し続ける傾向にあります。その対策としては、彼らを武装集団にさせない努力が必要で、それをしなければ、中東以上に混迷を極める中央アフリカ諸国の状況になってしまうような気がします。
 本来であれば、政権側は、こういう組織の有能な人材を引き抜いてうまく取り込むべきなのですが、聞くところによれば、イスラム国では、逆に、その地域の政権側の役人をそのまま継続して雇用しているとの話であり、なかなか・・・。

 シリアの内戦は、争うことが争いの目的になっており、イスラム国への空爆は組織の壊滅ではなく、戦闘力の減殺が目的になってしまっており、結果、前者では石油と言う地下資源とパトロンの存在故、破壊行為のスパイラルに陥り終わりが見えなくなっており、更に、後者は住民の支持を一定程度保持する故(逆に言えば、イラク復興の勢力図に不満を持つ住民が相当数存在するため)解決に結びついていない点は、もっと問題視する必要はあるのではないでしょうか。

 イスラム国について言えば、個別の少数民族、宗教的少数派への虐待、虐殺の報道はありますが、支配地域比からすれば、おそらくそれはイラクという国で見れば、大きな問題ではなく、これらの問題解決は、個別対応として地域を限定して個別に救済を図るのが本筋のような気がします。
 イスラム法でも、国際法と同様に、残虐な行為が禁止されているのは、おそらくさほど変わりがないはずで、報道される残虐行為が、追い詰められた政権内で、内部統制が効かない結果生じたのか、残虐行為を積極的に容認した結果生じたのか、どちらか見極める必要があります。
 全体的な流れからすればイスラム国の場合には前者と考えるのが妥当であり、解消が内部統制の正常化で実現するのであれば、残虐行為解消はさほど難しい話ではないのではないかと思います。
 治安が極端に悪化する大きな政変の混乱時には、残虐性、悲惨さはつきものです。ベトナム戦争の例でいえば、サイゴン陥落時の無政府状態に関する報道に心を痛めた人も多かったと思いますが、これは、まさに混乱期のイラク、シリアに通じるともいえます。したがって、混乱が解消されれば、ある程度状況は改善されます。現在のベトナムが、悲惨な状況にあるとの話はありません。

 イラクについて信託統治その他の直接の関与をしないのであれば、一定の自立・私的自治を、当該国民自らに任せる必要がありますが、中東は、もともと、民主主義が発達しているわけでも、法の支配が発達しているわけでもありません。産業の中で石油関連が突出して潤っている極端な偏りがあり、また、気候は一定で、治水その他中央集権を必要とする地理的要因もなく、更に地政学的に中央集権国家を取る必要もないとすれば、傀儡のような即席の政権に政治的、軍事的基盤を持たせても国家存立の地理的必要性が薄いわけですから、結局、政治的な内紛、混乱がなかなか解消せず、イラク戦争後の自立プログラムが進展しない現状になるわけです。
 イラク国内にとっても、周辺地域、また世界としても、問題の解決のために、過去、外部に侵攻を繰り返したイラクにくすぶる国内事情を再度きちんと情報収集・分析をし、イスラム国が何を目指して独立国を求めるのか、それを阻止するのであれば現実的解消策としてどうすべきなのか、適切な解決策を探る必要があるのではないかと思います。

 急がば回れと言いますが、取らぬ狸の皮算用よろしく、傭兵としてイスラム国に関わった者が帰国した時に悪影響だから、これを阻止するというのは、阻止そのものは当然生じる政治力だとしても、そこに時代の流れがあるとすれば、阻止は実現しない場合があります。
 欧米の歴史を紐解けば、アメリカ独立戦争・フランス革命の影響を最小限に抑えるため荒れた歴史はありましたが、長い目で見れば、どれほど警戒しても、時代の流れには逆らえず、欧米で王政が残っている国の方が少なくなっています。歴史の流れは、そうやすやすとは変えられないわけです。

 2014年9月からの空爆で軍幹部クラスが数千人も死亡したという報道が正しく、それでも、イスラム国が組織として残り、支配地域が存在するというのであれば、空爆では無理と悟るべきであり、かと言って、イラク戦争を再度行うわけにもいきません。
 国内問題については外国は不干渉であるべきとの、現在の国際法の基本原則すなわち国家主権に基づけば、もはやイスラム国がコントロールができないと認めるべきであり、空爆以外でのイスラム国へのコントロールのあり方を探るべき時期に来ているのではないでしょうか。

 つまり、問題は、存在を最初から否定してかかるではなく、国際法の枠組みの中で、誰にどの地域の支配を認めるのか、その支配をどういう条件をつけて容認するのか、どこかで折り合いをつけなければならない状況になっていると思われます。流れを止めることはできないが、一定の方向性をつけることは、たぶん可能だと思います。
 もちろん、イスラム国側も、世界規模の統一規範という意味で、ある程度確立している国際法(国際公法)に基づいた対応をする必要はあります。

 国際公法は、慣習法(コモンロー)がもとになっていますが、それだけでなく明文化されているものも多く、世界の各国は「どの国」であっても、国際法を遵守することになっています。(ちなみに、現実的なところで、日本として一番頭の痛い問題は、中国船舶が世界的な航行ルールを無視して航行し、船舶事故を起こすことなのかも知れませんが。)

 イスラム国に拘束された日本人の方のご冥福をお祈りするとともに、残りのお一方の、一日も早い無条件解放(国際法の原則からすれば、殺害または理由なく拘束することはできない)と、中東地域の、争うために争っている不毛な戦いが早く解消されることを祈念したいと思います。

2015.01.31補足
 今ヨルダン人パイロットの生存が取りざたされていますが、これが「戦争捕虜」であれば捕虜については生命身体の安全を保障しなければならないことに国際法上なっており、たとえ、爆撃によりいくら人が死んだとしてもそれを個人として罪に問われることはないことになっています(イラク・シリアで国と国が交戦状態にあるわけではなく、また有志連合の空爆は国際法上の平和維持活動でもないので、このパイロットは、国際法上の戦争捕虜ではない)。
 有名なところでは、東京大空襲で出撃したB29のパイロットが日本軍の捕虜になった際に、あまりの死者の多さに殺せと判断した責任者は、捕虜の安全を保障した国際法の違反により、東京裁判で死刑になりました(軍法裁判等裁判手続きを踏んでいれば、場合によっては違った結果になったのかも知れません)。
 東京裁判の裁判記録は、ある意味、欧米主導で確立した国際公法のルールを具体的に体感できる内容になっており、欧米でない諸国にとっては、反面教師としてのいい材料になると思います(納得の如何に関わらず、国際法の適用を受け入れるのであれば、これに甘んじなければなりません)。

 さて、今週の大きな動きとしては、NATOが、イラク政権に安全保障の協定(?)の受け入れを再度迫ったことでしょうか。
 イラク政権がこれを受け入れると、東欧と同様にNATOが空爆する正当な根拠が生じます。個人的には、曲がりなりにもヨーロッパの一角である東欧と中東では、地理的にも民族的にも大きく異なり、伝統的な考え方も異なるのですから、これにおもねることは避けるべきと考えます。東アジアもそうですが、長い歴史があるということは、歴史に根付いた伝統的価値観、思想、考え方があり、欧米の政治理念を直ちに受け入れて成功することは大変難しいです(個人的には、ハンムラビ法典かと思えるような法の遵守が叫ばれている地域では、欧米の政治思想理念の取り入れは急激な改革になりすぎる。これらの融合にはそれなりに時間がかかる)。極論すれば、カンボジアのポルポト政権のように果ては虐殺へと駆り立てられた歴史すらあります。ですから、まだ、早すぎます。
 イスラエル問題があり、イラク政権はこれを早々受け入れることはないかとは思いますが、撤回は困難なので、NATO受け入れによる欧米の価値観による武力行使を本当に受け入れる覚悟があるのか、慎重に対応すべきところです。
  
 国際法からいえば、刑法に抵触する犯罪を犯した組織(武装、非武装を問わず)を、当該国家の政府が検挙・壊滅させることには正当性があります。が、空爆により救われる市民(そこに住んでいるまたは住んでいた地域住民の意味)が存在しないのであれば、またその組織に対する地域住民の支持が確立しているのであれば、民主主義を標榜する場合には、素朴に考えれば、空爆の正当性はないとも言えます。

20150201補足
 本日、もう一方の日本人もイスラム国に殺害されたとの報道がありました。
 2人目の日本人の殺害を「権威と力を持ったカリフ」の「国」(すなわち組織全体)として行ったとのこと。
 同じ日本人として、この結果は大変残念であるとともに、これでは2014年9月以降今日までのイスラム国の対応と何ら変わりがありません。
 殺すべきでない人を殺し、残虐行為が組織として行われたことは、見過ごせません。メディアで大きく取り上げられていた昨年の人権派女性弁護士殺害の報道を目にしたりすると思うところがなかったわけではありませんでしたが、日本人のことはまた別です。
 紛争地域で過ごす彼らの、死と隣り合わせの日常、すなわちあたかも人を殺すことが自分たちの明日を守ると信じる状況で(こういう異常な状況が続くことが一番の問題なのですが)、日本人も同様(すなわち危険なところには行ってはいけないということ)という改めて認識したわけですが、この結果は、やはり同じ日本人として大変残念です。
 
 今回の件も国際法違反となるわけですから、組織内部での適正処罰がなされなければ、イスラム国の国家承認には程遠いこととなります。
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

投稿者 : admin 投稿日時: 2015-01-01 (856 ヒット)
(一足早いですが)寒中お見舞い申し上げます。
 今年は喪中のため、年賀状は失礼させていただいております。
 年賀状を下さいました方、ありがとうございます。様々な方のお元気でご活躍されている拝見し、やる気をもらったような気がします。

 さて、今年は阪神淡路大震災から20年、来年3月で弁護士登録して満20年になる、20年目の節目に当たります。
 平成6年から2年3年間の修習時代には、自分の20年後の弁護士像など考えられなかったものですが、過ぎてみれば、いろいろありましたがそんなに長くなかったというのが感想です。
 この20年の間に、刑法の条文はカタカナ表記からひらがな表記になり、罪名が若干変わり、会社法ができ(条文はあったが商法の一部でした)、法律の世界もそれなりに変化しました(法曹は言わずもがなですね)。
 今年は「為せば成る、為さねば成らず」をモットーに様々なことに試行錯誤していきたいと思います。

 昨年、子ども関係で合気道の体験教室に行きました。
 昔、中学生のころ学校のクラブ活動で、いざという時(痴漢対策)にためになると言われ友人らと1年間合気道をやった経験があるのですが、その時は、けりと受け身、腕をつかまれた際の腕の外し方等で、接近技は一切なし、むしろ相手を寄せ付けないように動く練習をするというものでした。
 体験教室は武道としての伝統的な合気道で、熟練の技が光ったものでした。二つを比較して、前者は実践のみだったのだなと感心しました。
 
 子ども時代の体験は何気に覚えているものです。また、子ども時代の大変な体験や挫折体験は、決して無駄になりません。多感な子ども時代に、様々な困難を克服していけば、それに応じて精神はタフになっていき、また、その時に感じた様々な教訓や思い、身につけたことは、その後の人生に生かされます。
 修習生の時に神戸で震災に遭ったのも、無事であればこそですが、次に生かすべきいい教訓となったと考えられるようになりました。

 来年は早 年女ですが、子どもの可塑性を見習い、変わるべきところは変え、無駄にならない一年を送りたいと思います。
 今年もご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。

投稿者 : admin 投稿日時: 2014-10-16 (763 ヒット)
ずいぶん前に読んだ文章に「昔の人は、女の子が生まれると家に桐の木を植え、その子が大きくなったら伐採して嫁入り道具にする桐ダンスの材料にした。10年以上も先のことを考え、誕生を祝ったのだ」という話がありました。
 桐の大木が家のそばに残っているのは、複数回、目にしたことがあります。
 職場の近くの長屋の隣にも(再開発地域の中にある)、桐の大木があり、結構な勢いで種を飛ばし、周りに何本か桐の若木が生えている場所があります。
 桐の大木は途中までは、枝打ちがなされているので、少なくとも数十年はきちんと管理されていたものと思われますが、桐ダンスになることなくそのまま大木に成長した桐の木を見ながら、このうちの女の子はどうなったのか等、想像が尽きません。桐の大木が、再開発後も残ればいいのですが。

 さて、お隣の韓国で、日本の新聞の女性大統領のプライベートに言及した記事が名誉棄損だと、記者が刑事訴追されました。
これにより、日韓首脳会談の見通しは、全く立たなくなったということになりますが、韓国にとっては、慰安婦問題未解決を理由に会談しないと言っているわけですから、日本側からの働きかけがなくなった分、渡りに船ということでしょうか(私個人としては、慰安婦問題は、これ以上の虚偽の流布を防止するためにも、謝罪も賠償もすべきでないと思います)。

 韓国政府は、ある新聞社にはお中元を配り、この新聞社は韓国政府に非迎合的(記事的には、反省がないとのコメントでしたか)との判断で刑事訴追ですから、一体何を考えているのかと言いたくなりますが、その前に、一体韓国とはどういう国か、この国内情勢を理解しなければならないような気もします。
 インターネットが発達した今日では、韓国大統領が初の女性大統領で難しい扱いを受けており、国鉄民営化のような政治判断をすると韓国女優から「そんなに金が必要なら・・・・」と女性特有の誹謗をされる、ワシントン訪問をすると韓国系米国人の若い女性にセクハラを行った男性随行者の騒ぎが生じるなど(随行者にしてみたら国内と同じノリで対応した程度の認識だったのかも知れません。)など、いろいろ大変な情報は入ってきます。それに加え、問題の記事が、沈没事故で韓国国会が長期間空転する中、韓国政府としては絶対に出したくない事故直後の記事であった点も問題だったのでしょう。韓国政府として、細心の注意を払いたい時期に、一番ナーバスな記事が出てしまったところを問題視するという事でしょうか。

 しかし、日本国内にいれば、そんなことは全く関係がありませんし全く関心が払われません。ゴシップ記事に近い内容の記事とも言えますが、だからと言って、韓国女優の発言のような意味合いがあったのであればはともかく、この程度で新聞記者を訴追する必要はないし、韓国政府が公の場で真偽を明白にしたのですから、それで終わる話です。また、情報源の韓国の新聞の新聞記者も同様に記事にしているのにおとがめなしというのも平等ではありません。これでは恣意的な政治力が介在しているという批判になります。

 過去に、韓国の若い人に、「ちょっと話は変わるけど・・・・」と雑談的に、お金を借りて返せなかったら(日本では)逮捕されないのか と聞かれたことがあります。
 外国人の相談は、基本的に日本の法律の立法趣旨(なぜそんな法律があるのか、根本的な素地がないため、いわゆる1条に記載されている制定目的の説明しなければ理解が得られないため)から説明し、条文の解説をするのですが、さすがに「韓国では、お金が返せなければ逮捕されるから(質問をした)」と真面目な顔をして言われたので、「間違いではないか。日本ではお金を返せない程度では逮捕されない」と回答しました。
 実はこの回答の微妙なところは、取り込み詐欺等、詐欺との絡みで、未返済も刑事事件になり得るところです。
この若者の心配が、詐欺での逮捕が簡単に立件されるのではないかとの懸念であれば、韓国ほどではないというのが、より詳細な正しい回答となります。

 国境を超えて空き巣犯、スリ、架空投資話等、いろいろな犯罪、犯罪者が日本に入ってきますが、同じ経済犯でも、空き巣、スリ、窃盗は、比較的、世界共通の客観性がありますが、詐欺については、条文、裁判例を確認しなければ自信を持って回答できません。名誉棄損も同様です。
 刑事訴追は、その国の政治色が反映されますが、インターネットが発達した今日であっても、日本の読者に向かっての情報発信に、韓国国内事情を意識せよと言っても無理があり、この程度で名誉棄損で立件するのは政治的と言われても仕方ないと思います。
 韓国当局は、日本大使館前の日本政府に対する抗議運動に対して何もしないのですから。

 相手を知ることは相互理解を図る上で必要不可欠なことですが、日本も韓国も、国民主権、民主主義を掲げる以上、正しい民意の反映のための必要不可欠のツールとして、表現の自由、報道の自由は確保しなければならず、それは右寄り報道でも左寄り報道でも、中道でも同様です。
 様々な情報、様々な議論があってこそ、よりよい判断が生まれ、愚衆政治の抑止となるわけです。
 東日本大震災時の民主党の首相などは、今回の韓国大統領など比較にならない位ひどい言われようでしたが、もちろん、日本では、これが名誉棄損になることは民事事件としてもありませんでした。歴代首相には、今回と同様の場面でゴルフをやっていたことが暴露され、退任した人もいます(だから単純にプライベートとも言い切れない。)。
 報道の自由(憲法21条)に関しては、特に公人に関しては寛容である必要があります。これは、憲法21条知る権利の確保につながるとともに、国民主権(1条)、民主主義(憲法前文)の実効化に不可欠なため、必ず確保しなければなりません。

 韓国国内の場合には、与野党が日本以上に拮抗し、反対意見(「なんでも反対」なのでは との疑問もありますが)がすぐに出てくるのが救いですが、本件の解決として出国禁止措置を解除して出国させ、裁判の停止をさせるのが、傷を広げない一番の解決策だと思います。
 

« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 27 »